本文へスキップ

税理士,相模原,会計事務所,淵野辺,経理,簡単帳簿

TEL. 電話番号

相模原市中央区淵野辺本町4-12-3-203

はじめに・・・経営環境をめぐる変化INTRODUCTION

キャッシュフロー経営という言葉がすっかり定着しました。

このキャッシュフロー経営とは、いかにして自社のキャッシュフロー(現金・預金)を稼ぎ出し、そのキャッシュフローをどうすれば最も有効に活用できるかを考えることを意味します。

現実に、企業は銀行借入をあてにできず、自社のキャッシュフローに頼らなければならない時代となりました

銀行の経営基盤が安定していたこれまで・・・
利益さえでていれば、キャッシュフローが足りない場合の面倒を銀行が見てくれた今までは、企業経営者はひたすら利益を確保することだけに神経を集中していればよかったのです。

しかし、これからは利益オンリーでは企業経営が成り立たない時代となりました。
そこで、キャッシュという客観的なモノサシで企業の経営状況をあらわす「キャッシュフロー計算書」が第3の財務諸表として位置付けられました。


第3の財務諸表がキャッシュフロー計算書


しかしながら、このキャッシュフロー計算書も他の財務諸表と同じように過去計算的な要素が強いものです。

未来計算の習慣づけが大切な経営。

そこで、私たちは半年先、1年先を見すえた「資金繰り表」を月次で利用し管理することから始めたいものです。自社の資金の流れを項目別に把握することで、徐々に有効的なお金の運用を学ぶことができます。お金のやりくりを予定表としてあらわすことにより、精神的な安心度合いもまったく違ってまいります

資金繰り表(重要)

記帳の重要性(1)
記帳の重要性(2)
会計事務所の存在意義
経理代行という新たな流れ

バナースペース

森豊税理士事務所

〒252-0202
相模原市中央区淵野辺本町4-12-3-203
TEL 042-776-6623