本文へスキップ

税理士,相模原,会計事務所,淵野辺,経理,簡単帳簿

TEL. 電話番号

相模原市中央区淵野辺本町4-12-3-203

記帳の重要性(2)・・・法的な観点からHEADLINE

毎日1円単位で増減する現金の管理を正確に把握してゆくことは、大変な作業に思われることでしょう。
だからこそ、その管理ができる会社は価値が高いといえるのです。

法的な問題が勃発した場合や税務署との調査をすすめるうえにあっては、現金出納帳を軸として、ありのままをできるだけ詳しく記帳されている帳簿は大きな味方となります。
さらに、記帳担当者が自社の社員であれば説得力が違ってきます。

帳簿は決してきれいに書く必要はありません。
現場と掛け持ちしながら寸暇を惜しんで記帳された、機械油や手垢のついた帳簿は、とても意義のあるものではないでしょうか

※現金出納帳の正確性とは、金庫の現金残高と出納帳の現金残高とが一致していることを意味します。
 前日最後の出納帳残高と、今ある現金残高との差額をスムースに説明できるということです。


記帳の重要性(1)
会計事務所の存在意義
経理代行という新たな流れ






バナースペース

森豊税理士事務所

〒252-0202
相模原市中央区淵野辺本町4-12-3-203
TEL 042-776-6623